Total Detective company Phoenix. 総合探偵社 フェニックス
得する離婚の知識
Knowledge of a divorce to profit
探偵業届出番号:【東京都公安委員会 第30070090号】
<<Main pageへ戻る
●携帯サイトはこちら

ホーム
各種調査案内と料金
調査までの行程
相談・見積 (送信フォーム)
ご依頼契約 (送信フォーム)
会社概要
よくある質問




離婚するなら慰謝料を取りましょう!
貴方の費やした日々を無駄にしないで下さい。


浮気・不倫等は不貞行為です。

裁判所の判例は、ラブレターがあったり、抱き合ったりする行為は肉体関係ではないので、不貞行為にあたらないとしていて、不貞行為を肉体関係に限定しています。

不貞行為とは? 夫や妻の権利の侵害です。不貞行為は、「不法行為」にあたります。


しかし、家庭裁判所に離婚調停を申し込んでも証拠がなければ意味がありません!
証拠が有るのと無いのとでは大きく変わります。
自分に有利に裁判や調停を進めるには必ず証拠を持参いたしましょう。


離婚の慰謝料とは?

相手方の有責行為によって離婚をやむなくされることによる精神的苦痛に対する損害賠償。
財産分与の制度は、婚姻中夫婦が協力して得た財産の清算分配と離婚後の生計維持を目的としています。
ですから、財産分与と、慰謝料請求権は別のものですから、既に財産分与がなされていても別途慰謝料請求はできます。
但し、財産分与に損害賠償を含めて合意した場合には、原則として重ねて慰謝料の請求はできません。
財産分与や慰謝料の金額を算出するには、共有財産の額、当事者の社会的地位や収入、
婚姻期間、婚姻破綻の原因
(不貞行為。悪意の遺棄。その他婚姻を継続し難い重大事由)、など、精神的苦痛の程度等により異なります。

慰謝料の額

50〜60万×婚姻年数が平均金額。
ただし、、不倫が原因での離婚の場合は高くなるようです。
不倫が原因の場合、最低500万ぐらい請求しておいても良いとおもいます。
相場は大体、100万〜300万位です。
しかし、請求はいくらでもいい。1000万でも。相手が応じるかどうかは別です。
相手に支払う経済力がなければ、いくら、判決が出ても、取れない可能性が高い。
裁判所が強制執行で差し押さえる場合は、「手取り給料の4分の1」まで。

不倫の相手からも慰謝料を取りましょう! 不貞行為の相手を訴えて慰謝料の請求ができます。
対象者を尾行し、浮気・不倫等不貞行為の証拠収集
嘘を暴き、真実を知る為の調査
<<Main pageへ戻る

Copyright (C)1996-2016 Phoenix. All Rights Reserved. 総合探偵社 フェニックス